連合石川「第91回メーデーLiveメッセージ集会」の開催と視聴について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、いしかわ四高記念公園における集会は中止となりました。
それに代わり、連合石川「第91回メーデーLiveメッセージ集会」をSNSで発信することになっていますので、お知らせいたします。

日 時:2020年5月1日(金)10:00~

発信先:連合石川Facebook 連合石川ホームページ
※ライブ中継およびアーカイブの一定期間視聴できます

内 容:15分程度
(1)主催者あいさつ
(2)メッセージ披露
(3)スローガンの確認
(4)メーデー宣言
(5)医療・介護従者等への感謝のメッセージ
(6)ガンバロウ
(7)プレゼントクイズ出題
※クイズの回答は連合石川のホームページから応募できます。正解者の中から抽選で100人にクオカード進呈

2020年度スタート 困 っ た こ と が あ れ ば 相 談 を 、組 合 は あ な た の すぐ そ ば に! 仲 間 を ふ や し 、活 動 の 輪 を 広 げよ う!

新年度が始まりましたが、始業式・入学式を簡素に行ったのち休業となっています。例年と全く違った学校運営を余儀なくされて、戸惑いも多く大変な事態に なっていることと案じています。今後の見通しも立てにくい状況ではありますが、私たち教職員は生徒たち、とりわけ厳しい状況に置かれている生徒への支援を念頭に行動していく必要があります。他方、高教組として、正規非正規を問わず教職員全体の 生活と健康を守るためとりくんでいます。これまでも勤務困難な場合における特休・職専免の取り扱いや時間講師の勤務についてなど、教育委員会の通知を確認し、現場からの相談に応じています。

さて、いよいよ、県の多忙改善の目標「時間外勤務、月80時間超えゼロ」の最終年度となります。昨年 12月に給特法が改正され「時間外勤務は年360時間、月45時間」が指針化されましたが、残念ながら石川県では条例も委員会規則も改定されませんでした。正確な実態把握が必要なため、県教委と交渉し、この4月よりQ&Aと入力例をリニューアルさせました。私たちが求める「働き方改革」、多忙改善を求め、ワークライフバランスを実現させましょう。

今年度も多くの新採用者が配属されました。1/3の方は臨任非常勤、育休代替講師を経ています。多忙 な職場と理解しながらも教職員の道を 選ばれた貴重な方々です。また初めて 学校現場に勤務する方は不安を抱えている筈です。教科・学年・分掌などの関わりで、多くの方が声かけをして丁寧に寄り添いサポートしましょう。そうしたつながりで加入された新採者の方もいます。数は力です、多忙改善の 実現のために組織拡大は不可欠です。今年一年よろしくお願いします。

執行委員長 山本 嘉宏

2月2日(日)「自衛隊の中東派遣反対!戦争参加反対!」緊急集会のお知らせ

集会:「自衛隊の中東派遣反対!戦争参加反対!」緊急集会
日時:2月2日(日)13:00~(全体会) 13:40~(デモ)
場所:石川県教育会館2階(全体会)
主催:「憲法改悪阻止!戦争法廃止!」を呼びかける八団体

お時間のある方はぜひご参加ください。

2020年スタート!あいさつ

つながり、支え合える職場を大切にしよう!
~職場に高教組運動の輪を広げよう~

カレンダーでは9連休の年末年始となり、日頃の忙しさから少しは解放され、新年を迎えられたと思います。旧年中は高教組の様々な運動にご尽力頂きまして誠にありがとうございました。

これまで多忙改善のとりくみが実施されてきていますが、多くの方は、「年360時間、月45時間」以内に時間外勤務を収めることは厳しい状況にあります。この「ガイドライン」は「指針」に格上げされ、これを基に石川県の条例が策定されます。

高教組は、勤務労働条件を県教委と交渉し、資料提供や意見反映を行っています。真の働き方改革を実現するためには、学校現場の生の声を改革に反映させていくことが大切であり、条例策定に対しても例外ではありません。多くの声が上がるほど、より確実に改善につながります。そのためには組織拡大・強化が不可欠です。これまでも組合員の声を後押しに粘り強い交渉により、賃金アップや各種研修の見直し・縮減などの多忙改善も進めることができました。また、少数職種の方々の雇用を守り、少しずつ労働条件の改善も図られています。

一人の力では解決困難な問題や悩みでも、つながりあい支え合うことで、立ち向かう勇気が湧き、力が出ます。長時間労働がはびこり、代替講師が来ないなど大変な現状である今こそ、未組合員や臨時・非常勤教職員の皆さんに声かけしましょう。

未来を切り拓く、大事な仲間作りはあなたの一行動からです

執行委員長 山本 嘉宏

改正給特法の成立を受け、県教組とともに記者会見を行いました

一年単位の変形労働時間制を自治体条例で導入できるようにする改正教職員給与特別措置法(給特法)が、12月4日に国会で成立しました。
これまで高教組は、変形労働時間制に反対してきましたが、法案成立を受け、記者会見を行い、その問題点を訴えました。
記者会見の様子は、以下のサイトなどから見ることができます。

NHK NEWS WEB 石川 NEWS WEB
県教組「改正法」導入反対を訴え 12月10日 20時14分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20191210/3020003462.html

北陸朝日放送公式ページ 県教組「変形労働制」の導入に反対
https://www.youtube.com/user/habmigochannel?feature=watch

秋の学習会など紹介

【県外】
第26回教育相談全国研究集会in東京 
主催:親と子と教職員の教育相談室
参加希望組合員1人募集中 !先着順 希望者は11/10までに書記局へご連絡ください
日時 11月22日(金)13:30~23日(土)12:40  会場:日本教育会館
講演 「子どものゲーム依存の実態と対処」 講師 中山 秀紀(久里浜医療センター精神科医長)

【県内】
平和憲法公布73周年記念石川県民集会 
主催:安倍改憲NO!市民アクション・いしかわ
どなたでも参加自由
日時 11月3日(日)14:00~16:30  会場:石川県女性センター
演題 「9条を活かして誇れる日本を」~メディア統制を跳ね返す市民力~
講師 伊藤 千尋さん(ジャーナリスト)

公正な教科書採択を求める市民集会 主催:いしかわ教育総合研究所石川県の社会・公民・道徳の教科書の採択状況はこれでいいの? 教科書って何のためにあるの?
どなたでも参加自由
日時 11月30日(土)13:30~16:00 会場:白山市市民交流センター 5F大会議室
第1部「リーディング劇」公演 テキスト闇教育
脚本:くるみざわしん(光の領地)
演出:増田  雄(モンゴルズシアターカンパニー)
第2部 トークセッション 満州の悲劇から現在の教科書問題を考える

10.18-19 石川県教育研究集会開催 分会から多くの参加に感謝

19年度は10月18日19日に志賀町で開催しました。
1日目の全体会には、約250人(高教組26人)が参加しました。菊地栄治さんの記念講演『他人事≒自分事』は、目から鱗で、大変好評でした。
2日目の分科会には、約330人(高教組25人)が参加し、教育実践の交流が図られました。高教組から全国教研に2本のレポートが選出されました。
全国教研に参加希望の方は、詳細を書記局までお問い合わせください。