6月23日第114回定期大会開催報告

現場の不安を解消し、命と健康を守るため、安心安全な学校づくりをすすめる!
生き生きと働くため、コロナ禍にあっても「働き方改革」推進のため全力でとりくむ!

6月23日(水)、金沢市ものづくり会館において、新型コロナウイルス感染症拡大防止策を講じ、第114回定期大会を開催した。短時間での開催であったが、多忙改善、新型コロナウイルス対策、GIGAスクール、反戦平和、組織拡大などを中心に活発な意見が交わされ、大変有意義な大会となった。

冒頭に山本執行委員長は、多忙の中参加した代議員を労い、「多忙改善・
働き方改革という一方で、新学習指導要領、スクールポリシー、GIGAス
クール構想など対処すべきことが次々と下ろされている。学校現場で直
接生徒と向き合う私たちの視点が、もっと大切にされるべきである」「教
育改革を行うためには、先ず、きちんと実践できるしっかりとした学校の
環境整備がなされるべきである」「権利があるのは当たり前ではなく、こ
れまで先人達が獲得してきた経緯がある。私たち1人ひとりが皆のため
に声を上げていくことが必要であり、次の世代につなげていきましょう」
と挨拶した。

すべての議案が承認され、特別決議1本と大会宣言採択した。大会宣言は以下のとおり。

【大会宣言】
 1年前の6月、学校再開を生徒も教職員もほっとしながら迎えた。全員がマスク必着、毎朝の健康チェックや施設の消毒、グループワークは避ける、昼食は対面禁止など、今も状況は変わっていない。コロナ対策で様々な制限がなされる中で、学校行事や部活動の各大会等で直前の運営変更や中止、感染者判明による参加の取りやめなどがあった。生徒も教職員も絶えず不安や不満を感じており、ストレスを抱えた状況が続いている。

 私たち教職員は、学校現場で生徒を守る一方で、自分自身と家族の命と健康も守られなければならない。公務員の感染が判明すれば、風当たりが強い。とりわけ教職員は、職場が公表されるなど、プライバシー侵害の恐れを抱いている。医療従事者・関係者を優先的にワクチン接種が行われる中、日々生徒・保護者・関係者に対応している教職員にも希望すればワクチン接種ができるよう、日教組は文科省に要請している。常に現場からの声を応え、安心して働ける安全な労働環境を整えるためにとりくみを続けていかなければならない。

 県教委は「3年後をめどに時間外勤務時間が月80時間を超える教職員ゼロにする」を実現できなかったが、時間外勤務時間の縮減で一定の成果があると評価している。一方で勤務時間調査での過少申告もなくならず、スクラップアンドビルドによる大胆な業務削減も実施していないまま、2年前の働き方に戻そうとしている。「働き方改革」を後退させるわけにはいかない。さらにコロナ禍により、GIGAスクール構想が前倒し実施され、新たな研修の実施とともに、人員配置、環境整備が不十分なまま、端末(クロムブック等)を使った授業実践が求められている。持ち授業数を適正にし、教職員の数を増やし、各分掌の業務を減らしていかなければ、抜本的な解決にはつながらない。

 私たちの定年が延長される。2023年度から2年ごとに1歳ずつ引き上げられていく。60歳以降の働き方が賃金に見合うものではなく、65歳まで働き続けることが難しいと感じる人は多い。誰もが健康で安心して働き続けられ、学校現場の実態にあった制度の実現に向けてとりくみを強化していく。

 私たち教職員は、「人格の完成」をめざし、生徒に「豊かな学び」を保障できるよう考え行動していく。そのためには、私たちが生き生きと働かなければならない。コロナ禍にあっても「働き方改革」を着実に推進していくとともに、生徒と私たち教職員の命と健康が守られる、安心安全な学校をつくる運動を一致団結してすすめていこう。

 以上、宣言する。

2021年6月23日
石川県高等学校教職員組
第114回定期大会参加者一同

定期大会を無事に終えることができました。開催に協力をいただいたすべての分会の皆さんに感謝を申し上げます。定期大会で決定した方針をもとに、「生命と健康が守られる、安心安全な学校づくり」のため、皆さんのご意見を生かし、とりくみを進めていきます。

2021年度スタート!多忙改善は道半ば みんなで「働き方改革」の歩みを進めよう!

今年の桜は金沢で4月を待たずに満開となりました。ウィズコロナの中、始業式・入学式が挙行され新年度が始まりました。感染防止対策は気が抜けず、行事計画に苦慮され、不安がつきまとう中、マスク越しの生徒の笑顔に癒やされながら職務に励まれていることに敬意を表します。 全国的にメンタルケアが必要な人、生活に困窮する人の増加が報道されています。私たち教職員は生徒たち、とりわけ厳しい状況下にある生徒への支援を念頭に行動していく必要があります。

さて、この3年間で学校の業務量はどれだけ削減されたでしょうか。昨年度はコロナ下の状況でビルドされた業務があり、緊急のサポートスタッフなどの配置がありました。これまで「部活動の指針」や「学校業務の振り分け」等により、スクラップされたものはあります。また各学校での業務の平準化を進めることで、確かに時間外勤務の平均時間は減少しました。

しかし、現場の多忙感は解消されておらず、時間外勤務「年360時間、月45時間」の指針を超える方が多くいます。県教委は3年間のとりくみ総括を勤務時間管理データが揃う6月に予定しています。私たちも意識改革を進めることが大切ですが、県教委に思い切った新たな改善策を求めていきます。

今年度から勤務時間記録表のエクセルシートは、PC電源のON/OFF時刻が自動入力されるようになりました。実際の労働時間と差がある場合は、手入力を適切に行う必要があります。働き方改革を進めるためには、改ざんや過少申告はあってはなりません。もし、管理職から不適切な要求や時短ハラスメントがありましたら、書記局に相談してください。私たちはみなさんが安心して働くために「働き方改革」をあきらめません。みんなでワークライフバランスを実現させましょう。

執行委員長 山本 嘉宏

第2回県委員会を書面議決で開催 すべての議案が承認!

高教組は3月4日(木)18:00より、書記局内小会議室において第2回県委員会を書面議決より開催しました。
議長、議運各1人の立会いの下、各分会から届いた議決書を確認し、第1号議案から第3号議案まですべての議案が承認されました。

詳細については、分会長、県委員に書面で報告するとともに、高教組情報にも掲載します。

JTU第70次教育研究全国集会全体集会オンデマンド配信(2/23まで)

組合員のみなさんへ

1月23日に開催されたJTU第70次教育研究集会全体集会(シンポジウム以外)がオンデマンド配信で視聴できます。
記念講演はフォトジャーナリストの安田菜津紀さんによる「写真で伝える紛争地域、被災地の子どもたち」です。

視聴希望の組合員は、電話やメールなどで書記局へご連絡ください。
視聴URLをお伝えします。

2021年スタート 健康で安心して働ける、持続可能な職場に!

未だ新型コロナウイルス感染症の終息は見えず、社会の傷みも一層激しくなってきました。こんな時こそ「組合があって良かった」「一緒に頑張りたい」と皆さんが実感できる高教組でありたいと考えています。

昨年、皆さんからいただいた多忙改善・労働安全アンケート集計と報告を情宣紙に三回にわたって掲載してきました。みんなで結果を共有し、解決・改善策を探っていかねばなりません。確定交渉で、県教委は各職場での多忙改善に繋がる衛生委員会の活用や年間行事作成を後押しするとしています。これから各分会で話し合い、新年度の計画作成に改善案を盛り込んでいくことが大切になります。

新年度は石川県において、時間外勤務は「年360時間(月平均30時間)・月45時間」と規則により上限規制される見込みです。管理職はますます勤務時間のマネージメント能力が求められ、規則遵守の責任が問われることになります。また、私たちも現況として月45時間の時間外が当たり前のような雰囲気がありますが、そもそも教員には残業時間はなく、時間外勤務手当はありません。「やりがい」は大切ですが、それをバーターに搾取されない意識を持つことも大切です。

私たちの求める多忙改善の実現のため、今一度、職場の仲間と時間外勤務時間の正確なデータ提出の大切さと意味を確認し、職場の課題を話し合いましょう。そして、その声を執行部に届けてください。それを高教組は形にしていきます。そのためにも職場に労働組合を確立し、民主的な環境で、みんなが定年まで健康で安心して働ける職場にしていきましょう。

執行委員長 山本 嘉宏

21年版憲法9条カレンダー、子どもの権利条約カレンダーを組合員価格で提供

組合でまとめて買うので大変お得になります。

岩合光昭さんのよる四季を通し、日本各地の犬と猫のいる心なごむ風景が楽しめる
みんな・なかよし2021憲法9条カレンダー  1,200円+税→960円(税込)

世界の子どもたちの絵で綴る
2021年版こどもの権利条約カレンダー 1,300円(税込)→1,100円(税込)

組合員で購入希望の方は、11月20日(金)までに書記局に電話またはメールでご連絡ください。