6月23日第114回定期大会開催報告

現場の不安を解消し、命と健康を守るため、安心安全な学校づくりをすすめる!
生き生きと働くため、コロナ禍にあっても「働き方改革」推進のため全力でとりくむ!

6月23日(水)、金沢市ものづくり会館において、新型コロナウイルス感染症拡大防止策を講じ、第114回定期大会を開催した。短時間での開催であったが、多忙改善、新型コロナウイルス対策、GIGAスクール、反戦平和、組織拡大などを中心に活発な意見が交わされ、大変有意義な大会となった。

冒頭に山本執行委員長は、多忙の中参加した代議員を労い、「多忙改善・
働き方改革という一方で、新学習指導要領、スクールポリシー、GIGAス
クール構想など対処すべきことが次々と下ろされている。学校現場で直
接生徒と向き合う私たちの視点が、もっと大切にされるべきである」「教
育改革を行うためには、先ず、きちんと実践できるしっかりとした学校の
環境整備がなされるべきである」「権利があるのは当たり前ではなく、こ
れまで先人達が獲得してきた経緯がある。私たち1人ひとりが皆のため
に声を上げていくことが必要であり、次の世代につなげていきましょう」
と挨拶した。

すべての議案が承認され、特別決議1本と大会宣言採択した。大会宣言は以下のとおり。

【大会宣言】
 1年前の6月、学校再開を生徒も教職員もほっとしながら迎えた。全員がマスク必着、毎朝の健康チェックや施設の消毒、グループワークは避ける、昼食は対面禁止など、今も状況は変わっていない。コロナ対策で様々な制限がなされる中で、学校行事や部活動の各大会等で直前の運営変更や中止、感染者判明による参加の取りやめなどがあった。生徒も教職員も絶えず不安や不満を感じており、ストレスを抱えた状況が続いている。

 私たち教職員は、学校現場で生徒を守る一方で、自分自身と家族の命と健康も守られなければならない。公務員の感染が判明すれば、風当たりが強い。とりわけ教職員は、職場が公表されるなど、プライバシー侵害の恐れを抱いている。医療従事者・関係者を優先的にワクチン接種が行われる中、日々生徒・保護者・関係者に対応している教職員にも希望すればワクチン接種ができるよう、日教組は文科省に要請している。常に現場からの声を応え、安心して働ける安全な労働環境を整えるためにとりくみを続けていかなければならない。

 県教委は「3年後をめどに時間外勤務時間が月80時間を超える教職員ゼロにする」を実現できなかったが、時間外勤務時間の縮減で一定の成果があると評価している。一方で勤務時間調査での過少申告もなくならず、スクラップアンドビルドによる大胆な業務削減も実施していないまま、2年前の働き方に戻そうとしている。「働き方改革」を後退させるわけにはいかない。さらにコロナ禍により、GIGAスクール構想が前倒し実施され、新たな研修の実施とともに、人員配置、環境整備が不十分なまま、端末(クロムブック等)を使った授業実践が求められている。持ち授業数を適正にし、教職員の数を増やし、各分掌の業務を減らしていかなければ、抜本的な解決にはつながらない。

 私たちの定年が延長される。2023年度から2年ごとに1歳ずつ引き上げられていく。60歳以降の働き方が賃金に見合うものではなく、65歳まで働き続けることが難しいと感じる人は多い。誰もが健康で安心して働き続けられ、学校現場の実態にあった制度の実現に向けてとりくみを強化していく。

 私たち教職員は、「人格の完成」をめざし、生徒に「豊かな学び」を保障できるよう考え行動していく。そのためには、私たちが生き生きと働かなければならない。コロナ禍にあっても「働き方改革」を着実に推進していくとともに、生徒と私たち教職員の命と健康が守られる、安心安全な学校をつくる運動を一致団結してすすめていこう。

 以上、宣言する。

2021年6月23日
石川県高等学校教職員組
第114回定期大会参加者一同

定期大会を無事に終えることができました。開催に協力をいただいたすべての分会の皆さんに感謝を申し上げます。定期大会で決定した方針をもとに、「生命と健康が守られる、安心安全な学校づくり」のため、皆さんのご意見を生かし、とりくみを進めていきます。

第2回県委員会を書面議決で開催 すべての議案が承認!

高教組は3月4日(木)18:00より、書記局内小会議室において第2回県委員会を書面議決より開催しました。
議長、議運各1人の立会いの下、各分会から届いた議決書を確認し、第1号議案から第3号議案まですべての議案が承認されました。

詳細については、分会長、県委員に書面で報告するとともに、高教組情報にも掲載します。

7月10日 第113回定期大会開催 生命と健康が守られる、安心安全な学校づくりをすすめる!そのために私たちが求める「働き方改革」実現に全力でとりくみことを確認

7月10日(金)、県教育会館において、「3密」を避ける、短時間での開催など新型コロナウイルス対策を十分にとった上で、定期大会を開催しました。例年より短い時間ではありましたが、コロナ対策、組織拡大、多忙改善を中心に活発な意見が交わされ、大変有意義な大会となりました。
参加していただいた代議員、執行委員はもちろん、協力をいただいたすべての分会の皆さんに感謝を申し上げます。定期大会で決定した方針をもとに、「生命と健康を守られる、安心安全な学校づくり」のため、とりくみをすすめていきます。

5.29 学ぶ側と教える側のバランス、学校の安心・安全の確保にむけた要請を行う

高教組と県教組でつくる両教組協議会は、5月29日に県教委に「新型コロナウイルス感染症に関わる休業後の学校再開についての要請書」を提出し、交渉を行いました。交渉では、休業中に寄せられた学校現場からの意見や要望なども伝えてきました。詳細については後日発行の高教組情報6月号をご参照ください。
今後も「生徒の命と健康を守る。学習権を保障する」、「教職員の命と健康、生活を守る」ため、とりくみをすすめていきます。

改正給特法の成立を受け、県教組とともに記者会見を行いました

一年単位の変形労働時間制を自治体条例で導入できるようにする改正教職員給与特別措置法(給特法)が、12月4日に国会で成立しました。
これまで高教組は、変形労働時間制に反対してきましたが、法案成立を受け、記者会見を行い、その問題点を訴えました。
記者会見の様子は、以下のサイトなどから見ることができます。

NHK NEWS WEB 石川 NEWS WEB
県教組「改正法」導入反対を訴え 12月10日 20時14分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20191210/3020003462.html

北陸朝日放送公式ページ 県教組「変形労働制」の導入に反対
https://www.youtube.com/user/habmigochannel?feature=watch

10.18-19 石川県教育研究集会開催 分会から多くの参加に感謝

19年度は10月18日19日に志賀町で開催しました。
1日目の全体会には、約250人(高教組26人)が参加しました。菊地栄治さんの記念講演『他人事≒自分事』は、目から鱗で、大変好評でした。
2日目の分科会には、約330人(高教組25人)が参加し、教育実践の交流が図られました。高教組から全国教研に2本のレポートが選出されました。
全国教研に参加希望の方は、詳細を書記局までお問い合わせください。

7.28私たちは貧困問題にどう向き合うか 高教組主催の藤田孝典さん講演会に組合内外から60人が参加

貧困問題にとりくんでいる社会福祉士の藤田孝典さんの講演会に60人が参加した。藤田さんは、15年前にさいたま市内でホームレス支援組織を設立し、その後NPO法人ほっとプラスを立ち上げ、支援対象を自殺対策、刑余者・DV被害者・引きこもり青年ら困窮者支援に広げている。また、労働・貧困問題の現状を社会に訴えるため、講演会や大学での講義、メディア出演、SNSを通じて情報発信するソーシャルアクションを積極的に行っている。

藤田さんは「日本の相対的貧困率が15.7%と、OECD加盟国(34ヵ国)中6番目に高く、約3000万人が生活保護基準以下で生活している。とりわけ、ひとり親の世帯の2人に1人の子は貧困と深刻である。奨学金問題や住宅問題で結婚できない若者が増えている。また、国の社会保障が弱く、職業訓練、家賃補助、公営住宅の乏しさが要因で、中高年の引きこもりの7割が職場からの離職経験者であり、決して若者だけの問題ではない。今こそ、5つのベーシック・サービス(教育、医療、介護、保育、住宅)に対する公的支出を増やさなければ、未来はない。当たり前だと思わされている慣習や規範に対し、権利要求し、改善して暮らしを良くしていく必要がある。黙っていては何も変わらない。そのためにも労働組合は大切である、頑張ってもらいたい。」とまとめられた。

7.29 LGBTなどたくさんの生き方を考える学習会 組合内外から161人が参加!

大切と感じながらも学校や職場で話題にしにくかった性・LGBTをテーマに、当事者でもあるブルボンヌさんを講師にお招きました。多くの市民から問い合わせもあり、金沢ニューグランドホテルの会場は満席となりました。

ブルボンヌさんの「今までLGBTの人と出会ったことありますか」の問いに、多くの参加者(教職員)は「会ったことがない」に手を挙げました。しかし、親や学校に性的指向を隠してきた子どもたちに、私たちが気づいてこなかっただけではないでしょうか。日本においてLGBTは7人に一人といわれます。これは「左利き」やAB型の人とほぼ同じ割合です。決して少数ではありません。今、多くの企業がLGBTへの理解を深めようとしています。まず、子どもたちが日常的に接する大人である教職員が理解を深めることが大切です。

参加者から、私たち教職員にエールもいただきました。子どもたちが安心して自分自身を表現できる社会のために、私たちがALLYになりましょう。

7月12日(木) 18年度教職員の賃金労働条件に関する統一要求書提出

実効ある多忙改善、賃金改善、会計年度任用職員の協議開始を強く求める
教職員課長言明「多忙化改善のとりくみは数値を下げるためのものではない。間違った入力を行ったり、持ち帰り時間が増えたりで数値を下げても、何ら解決にならない。」

7月12日(木)、18年度の統一要求書提出の交渉を実施し、高教組からは委員長、副委員長、書記長、書記次長の6人が参加した。
冒頭、石川県教職員組合協議会議長(県教組委員長)が18年度から始まった多忙改善に対し、とりくみの検証と実効ある施策の実施、会計年度任用職員にむけての協議開始等を要望した。協議会の事務局長(高教組書記長)が要求書の重点を説明し、参加者も切実な要望を訴えた。
今後、専門部ヒアリングと折衝を通して、現場実態を伝え要求の実現を求めていく。

※提出交渉の詳細、統一要求書の内容については、近日発送予定の高教組情報7月号をご覧下さい。